双子ときなり*のおきにいり

アクセスカウンタ

zoom RSS 本がつなぐもの

<<   作成日時 : 2013/08/21 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

夏休みも残すところ数日となった日、
27年ぶりに恩師に逢うことが出来ました。

先生はきなり*の小学校1,2年生時の担任で、
小学校内で図書室担当をされていて
私を「本の世界」へと導いて下さった方です。

現在ご結婚されてアメリカ在住の先生なのですが、
一時帰国にあわせて同窓会が企画され…
そりゃもう楽しみにしていたら、
その日は夏祭りの日(T_T)
どうやっても参加できなかったのですが、
数日後、個人的にお時間を取ってくださいました。

双子っちを連れて、先生とランチへ♪

『今の私があるのは、先生との出逢いがあったから』
勝手にそんな熱い思いがありながらも、
小学校以来27年ぶりに個人的に逢って、
うまくお話できるのかと心配もありましたが…

お逢いしたら、そんなのは杞憂だった。
先生は相変わらず素敵で、
私の先生で、
ryo・tomoにとっては、
初めて逢うけど「お母さんの大好きな先生」
だった。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、
3時間半も共に過ごしました。

「あなたに逢えることになってね、
あれは読んでおかなくちゃと思って、
久々に読んでみたわよ。」

あのオレンジ色に輝く1冊
ただのいち教え子に対して、
どうしてそこまで覚えていられるのだろう。

「昨年2年生の時に、ryoが私の秘密の蔵書の中から見つけてきて、
読んでと言うので、私も久々に読みました。
まさか、この長いお話を音読することになるだなんて。」

先生は、久々に読んでみて、
「当時これを読もうと思ったあなたの根性を思う。」と言われ、
私は、
「久々に、しかも初めて音読してみて、当時は半分の意味も
わかってなかったんだろうなと思った。(笑)」といい、
「読んでもいいけど、ちょっと難しいよ」と言って聞き始めた
当時2年生のryo・tomoは完読して、
恩師へ「面白かったぁ〜」と。

1冊の本を通して、
27年の時空を超え、
同じ話題を共有できるこの不思議さ。

先生がいたあの図書室に
双子っちのおかげで再び戻れた幸せ、
あちこちで読みボラをしている話など
近況報告をしたけれど、
すべて、先生との出逢いがあったからです。

先生が私と本をつなげてくださったように、
「私が本と誰かをつなげるきっかけになれるかもしれない…」
そう思って活動しています。

27年も経って、
当時の先生の年齢も
とっくに超えてしまったきなり*ですが
先生のように素敵に年齢を重ねられるかしら?
名前などどうでもいいのですが、
誰かの記憶に残る1冊に出会えたきっかけになれることを
ただ信じて…

おみやげに頂いた、
先生手作りのブルーベリージャム。
画像

「庭のブルーベリーを取ってね…」
と双子っちにお話しして下さいました。
「お庭にはたまに熊も来るんだよ〜」と聞いて、
ryo・tomoの想像は無限に膨らみ、
「先生の住んでいるとこ、すごいなっ!」

きなり*からは、ハンドメイドのエジングストールと
絵本を。

「先生、再会できてよかった!!先生大好き〜」



tomoが毎日、連絡帳の今日のニュースに
「先生だいすきぃ〜」とかいているけど、
その気持ちわかったわ。

お母さんも「先生大好き〜」やもん。
すべての出逢いに感謝♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいね〜
先生、きなり*さんのこと、よく覚えてたんだね。
さぞ印象深い子どもだったんだろう…(^m^)
というのは冗談ですが、
とてもいい機会が持ててよかったですね。

そして、いい話のときに申し訳ないけど
↓イライラ棒って???
クー
2013/08/29 22:16
きなり*さんの本好きはこんな素敵な先生との出会いがあったからなんですね。
そして、今、それはryo君やtomoちゃんにつながっている。
えぇ、本当に、二人を見ているとそう思います。

↓いいな、きなり*さんのご主人の実家。

アンモナイト娘にとって、「聖地」ですよ!

りぃだぁ21
2013/08/30 18:02
クーさんへ
先生がすごいところは、
教え子誰に対してもこれくらい覚えておられることなんです。
私は、今回の同窓会に参加できませんでしたが、
参加していた同窓生の話も先生からいろいろ聞けました。

イライラ棒、「なんでここで写真ないねんっ!」と
だんなにも突っ込まれた(^^;)
工作持って帰ったら写真アップするけど、
「作ろう遊ぼう工作王〈4〉作ってゲーム!」
という本の表紙に載ってるから、
とりあえず、見てきて。笑
きなり*
2013/08/31 20:38
りぃだぁ21さんへ
そうなんです、先生との出逢いがなければ
今の私はない。
そして、今先生といたあの場所に
再びいられること、
伝えられてよかった。

帰省、夏祭りなどで自分に余裕がなくて、
化石情報聞いてくるの忘れました(^^;)
次行った時にリサーチしてきます。
きなり*
2013/08/31 20:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本がつなぐもの 双子ときなり*のおきにいり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる