双子ときなり*のおきにいり

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休みの工作(手芸)

<<   作成日時 : 2011/08/21 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

小学生になったら、
絶対ありますよね〜自由課題の宿題。

ryo・tomoの小学校は「絵や工作など」という
アバウトな宿題。
これ以外に作品例などの説明は一切なし…(^^;)
「など」ですべてをくくったな。
上の学年に兄弟がいるママ友に聞いてみたところ、
「毎年これ以上の説明ないねん、ほんまに何でもいいよ〜」
とのこと。

で、tomoが帰省中に作ったもの。
『どうぶつマグネット』
画像

くま&うさぎ

以前手作り品を売っているお店で
こんな感じのマグネットをみつけ、
tomoが「買いたい〜」と言ったので、
「これなら、tomo自分で縫えるよ。」ときなり*。
tomo「じゃぁ、絶対作り方教えてなぁ〜」
と約束していた。

そして今回、「tomo宿題決まってるねん、どうぶつマグネット!!」
と言うので製作。

画像

裏には強力磁石入り。

なぜ帰省中に作ったかというと、
tomo「おばあちゃんに縫ってるとこ見せたいから!」
…それだけ。

簡単なお裁縫で出来るように考えた作り方。
「どうぶつマグネット」

材料☆薄手の布、手芸わた、強力磁石、縫い糸、(あればリボンなど)

1、紙に作りたいどうぶつの顔を描く。
  (顔部分に磁石が入る大きさにすること)
2、下絵がすっぽり入るくらいの生地を2枚重ねにし、
  表面にチャコペーパーをあてて、下絵を写す。
  (直接チャコペンで描くってのもあり。)
3、2枚の生地がずれないように、周辺をクリップで留めたら、
  顔の下部分から、輪郭を2本どり(←針を落とさない為)で並縫いする。
  縫い始めは裏からにし、糸をつぐ時の玉留めもすべて裏部分にくるように指導。
4、耳部分を過ぎた所まで縫ったら、針を休めて、
  耳部分にのみ手芸わたをつめる。
5、再び、輪郭を続けて縫い、顔の下部分まできたら、
  わたを詰める部分を残して、針を休める。
6、顔部分に手芸わたをたっぷり詰め、さらにわたの後ろにマグネットを入れる。
7、休めていた針でわたの入れ口を縫い、顔の縫い始め位置まで1周する。
8、縫った輪郭位置より5oほど外側に、チャコペンでぐるりと線をひく。
9、その線をピンキングばさみで切り、にじまない油性ペンで顔を描いたら出来上がり。
  (お好みでリボンやビーズを縫いつけても可愛いかなぁ〜)

ペンはにじまないか、はぎれで確認してから使ってね。
今回はチークを使っておめかししました。

画像

メモ用紙をとめたらこんな感じ♪
上出来です!!

一方ryoは、帰省前日にお父さんと作りました。
画像

『虫かご』

板はホームセンターでカットしてもらったけど、
ドリルで穴開けとか、
竹ひごをサイズに切るとか頑張ったみたいです。
tomoに比べ説明が簡単すぎでごめん。
担当お父さんやったから。笑

これにて、夏休みの工作は完了〜(^−^)v



夏休み最終の日曜日ということで、
今日は雨の中プールへ行ってきました。
雨だからがらがらで、(あたりまえかっ!)
画像

スライダーも待たずにすべり放題〜
降ったりやんだり程度の小雨だったので、
思い切り遊べて楽しかった(^0^)
帰りに温泉によって、
ちゃんと温まって帰ってきました。

夏休みは後3日。
明日は宿題の最終確認ディだなぁ。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
tomoちゃんのマグネット
うさぎとくまの表情がかわいい!
自分でこれが作りたいとちゃんと自分の意思がある
それだけで1年生の自由課題工作の目的は達成している気がしますが、tomoちゃんの作品もryo君の作品も完成度、高いです。
うちの学校も「工作もしくは絵」みたいな説明しかなかったよ。
うちは、川で拾った石に絵を描いた。
それとせっかく毎朝きれいにさいた朝顔をつかいたかったから
その色水で「朝顔染め」
もうひとつは「望遠鏡」
すべて、親が作ってみたらと提案したもの。
まぁ、それに乗ってやる気まんまんで作業してくれるのでいいんですが。
りぃだぁ21
2011/08/24 05:22
りぃだぁ21さんへ
自分で作りたい物を考えたと言うより、
私が日々いかに
「いつか教えてるわ〜」と安易な約束をしているかと、
子どもがそれをどれほどしっかり覚えているか…ってことですね、うちの場合(反省)

tomo並縫いはかなり上達して、
作品により縫い目の調節もできるほどになりました。
このマグネットは、綿がはみ出すから
なるべく細かい目でというと、
細かく縫い、
今日のぞうきんになると、
縫い目の大きさは気にしなくていいから、
上からしたまでしっかり糸が渡るように〜と言えば、
タオル地4枚重ねも頑張ってざくざく縫いました。

マグネットの顔、
「鼻は描かないの?」と
思わずよけいな事をいってしまいましたが、
「これで、いいねんっ!」と
子どもの絵に口出し無用ですね。
せっかくの作品が台無しになるところでした。
(また反省)

私自身は子どもの頃、
「自由にやりなさい…」っての
一番苦手だったから、
(「こんな風にやりなさい」は良かったけど)
彼らの自由な表現がとてもウラヤマシイです。
いちこちゃん、にこちゃん見ていてもね。
りぃだぁ21さんは子どもの頃から、
自由な表現得意そうな感じよっ!
それこそ、うらやましいわ。

きなり*
2011/08/24 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏休みの工作(手芸) 双子ときなり*のおきにいり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる