双子ときなり*のおきにいり

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々にはまった本

<<   作成日時 : 2016/10/19 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年度も9月に読み語りの勉強会を行いました。
今回は地域でこども文庫の活動をされている方を講師にお招きし、
『おはなしの楽しみ』
というタイトルで、ストリーテリングと本の選び方や、
子ども達へ接する時の思いなどについて
語っていただきました。

とても有意義な時間が持て、
メンバーからも、一般参加してくださった保護者の方からも
いろいろな感想を寄せていただきました。

そんな中、
講演の中で紹介された1冊の本が気になって、
図書館へ借りに行きました。

「子どもへのまなざし」
佐々木正美/著、福音館書店

子どもへのまなざし [ 佐々木正美 ]
楽天ブックス
佐々木正美 福音館書店BKSCPN_【福音館親向】BKSCPN_【bookーfestivalーthr



図書館で手に取ってみたら、
まず、分厚い…(^^;)
最近自分が活字離れしているので
読めるだろうか〜と思ってしまいましたが、杞憂でした。

児童精神科医の佐々木正美先生が書かれたこの本。
ジャンルで言えば育児書?
または保育者向けの教科書的な本?

私自身は双子っちが乳幼児の頃
育児書と言われるものをほとんど読まずに来たので、
今となっては、この本に書かれている時期は
ほぼ過ぎ去った後なのですが、
子ども達の小さかったころのことをいろいろと思い出して
とても共感しながら一気に読めました。

かといって、乳幼児の子育て真っただ中だったあの頃に
この本にであってたら読んだかなぁ〜と思うと、
きっと手に取れなかったはず。
私にとっては今だからこんなにすっと入ったんだろうなぁ。

子育てサークルのみんなと
育ちあったあの頃が本当になつかしいです。

同じようにお子が大きくなっちゃった友よ、
いっぺん読んでみて〜♪

ぐりぐらの山脇百合子さんの挿絵も素敵でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久々にはまった本 双子ときなり*のおきにいり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる