双子ときなり*のおきにいり

アクセスカウンタ

zoom RSS 城崎旅行♪

<<   作成日時 : 2015/05/04 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GWのお出かけは、
「城崎1泊旅行」
2日に分けて書くつもりが、
初日、家を出て
みごとにGW渋滞に巻き込まれ、
着いたのがチェックイン時間…(>_<)

初日観光できなかったんはしょーがない。
着いたら、城崎の外湯を楽しみましょう♪
画像

何回も来てるけど、
城崎はぶらり外湯めぐりできる温泉地の風景が
一番いいですね。
風呂あがり、
縁日以外で、
射的やスマートボールを楽しめたことに
大喜びだったryo・tomo。

画像

お宿は「ときわ別館」
何回も城崎に来ながら
初めてのお宿でしたが、
お庭が自慢でお部屋はぐるっと中庭に面するように
建っていました。
最近は少なくなった朝夕部屋食で
ゆったりしました。

さて、二日目
帰りの方向へ進みながら観光。

目的地はこちら。
画像

「出石」

出石そばを食べてから散策、

「辰鼓楼」
→楼閣本体は1871年(明治4年)完成。辰の刻(7時から9時)の城主登城を知らせる太鼓を叩く楼閣であった。
明治14 年に医師、池口忠恕氏が大時計を寄贈してからは、時計台として親しまれている。


「出石城跡」
→石段を登り、朱の鳥居をくぐって稲荷神社から城下を見下ろせば、
まるで江戸時代を思わせる城下町ならではの町並みが広がります。
昭和43 年本丸跡に隅櫓が復元され、その後登城門や登城橋が建設された。

城跡の上まで上がったら、出石の城下町が一望できました。

そして、昨日のお宿で、
出石行くなら、ぜひ寄ってくださいと
オススメされたのが、
画像

「永楽館」
→出石永楽館は、明治34 年に開館した近畿最古の芝居小屋です。
平成20 年に44 年の時を経て蘇りました。
歌舞伎など、興行の無い日は一般公開しています。
廻り舞台・奈落など舞台裏も見学できます。

舞台も客席も、楽屋や風呂、奈落まで
全部まるっと見せてもらって
めちゃめちゃ面白かった。
壁には昔の看板が…

これまで何回か出石を訪れていましたが、
出石そばを食べるだけで、
観光らしい観光をしたことがなかったんです。
今回は2〜3時間うろうろして、
丹波の黒豆や出石そばのお土産もゲット!

さて、帰るかぁ〜と思いましたが、
もう一か所くらい寄れそうだったので、
これまたお宿でオススメしてもらった藤公園へ。
画像

「白井大町藤公園」
→山陰随一の規模を誇る大町藤公園は、約7000平方メートルの敷地に総延長500mの藤棚があり、5月上旬から中旬にかけて花が咲き乱れ、幽玄な空間を創りだし、訪れる人の目を楽しませています。

今まで行ったことのある藤の名所の中で、
一番大きかったです。
明日が子どもの日なので、
たくさんのこいのぼりがゆうゆうと泳いでいました。

最後に日帰り湯に入って、
帰りますよ〜

GWどこもすごい人出でしたが、
楽しい1泊旅行でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
城崎旅行♪ 双子ときなり*のおきにいり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる