双子ときなり*のおきにいり

アクセスカウンタ

zoom RSS そしてまた、1歩踏み出す

<<   作成日時 : 2012/05/30 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

土曜参観後のクラス懇談での出来事。
きなり*が入った1組では、
「子ども達がものすごく本が好きなんです!」
と、担任が言いながら、
きなり*に同意を求める(^^;)
…あ、はい。

「読み聞かせをしたら、すごい集中力で聞いてくれます。」
ねっ!(←読みボラをやっているので)
と、こっちを見て再び同意を求められ、
確かにそうなので、笑いながら頷くが、
仕込みのような私はどう?爆

続いて、
「学校図書室だけでなく、クラスにもいくらか本を置いていますが、
クラスにある本は、ほどんど読み尽くしているような状態で…
教室での本の充実の為、ご家庭の本を1冊ずつ持って来てもらうことを
考えています。」
と。

その後のPTA総会中、
1組はこんな話やってんと、
主人が参加してくれた2組懇談に出たママ友に話しをしたら、
「2組もそんな話あってん。子ども達が本が好きで〜って。」

で、2組は「ご家庭で汚れてもいいような提供できる本があれば是非…」
という話だったらしい…
ママ友いわく、
「あの呼びかけじゃぁ〜集まりそうもないわなぁ。」

ひとり1冊と言った1組もそう、
家庭の本を提供となると、
そんな本なんてないわ〜というご家庭もあれば、
持って行くなら、どうなっても惜しくない本となる。
ないよりはマシだが、集まる本の質には期待できない。

その話をしたママ友は読みボラメンバー、
思うことは同じ…

あれ、やっちゃう?
頑張って。

読み聞かせボランティアからの
「学級文庫提供」

うちの読みボラからは、
読み聞かせ、図書室整備の他に、
市内の公共図書館から本を借りてきて、
学級文庫を貸し出す活動をしている学年がある。
(読みボラを創設した学年さん。)

するかしないかは、学年ごとの読みボラに任され、
「こんな活動もしていますけど、
やりたい学年はどうぞ〜」といった感じだった。

子どもたちの側に新鮮な本を置く…魅力的だけど、
負担も多い。
市の公共図書館への貸し出し依頼、
100冊近い本の輸送、
返却までなくならないようにの管理。
すべて、学年内の読みボラメンバーでこなす。
(ちなみに2年生メンバーは5人)
私は、前からやりたかったけど、
一人で出来る事ではないので、
そう簡単には言い出せなかった。

やっちゃうか?
先生が、学級文庫を充実させたいと
言ってくれていることが、チャンスだよね。
やりたいと思っていても、
当の教室が無関心じゃ、空回り。
はじめるなら、今しかない。

ということになって、
PTA総会後、
先生方には、「先ほどのお話ですが、こんな形で学級文庫を入れることも可能です。」
とお話しました。
「お母さん方の負担が大きいですが、可能ならやってもらいたい。」との返答。

その場にいなかった読みボラメンバーにも
「やる?」とメール送信。
5名全員の賛同を経て、
新たな活動開始しました。

また、ハードル上げちゃったけど、
子ども達と、本がそこにあるから、
やらずにはいられない。
大変なことだけど、
ワクワクの方が上を行く。
子ども達の為と言いつつ、
これは私の楽しみ。
つまり、「きなり*のおきにいり」なのだ。
新たな楽しみを得た私は幸せ♪




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
きちんと自分のやりたいことを知っており
その手段がわかっていて、賛同してくれる友がいる。

きなり*さんが発するオーラが周りの人にも伝わって
きっと、素敵な「学級文庫」ができるんでしょうね。
そんなたくさんの本と出会える子供たちも
幸せだと思います。
りぃだぁ21
2012/05/31 11:59
りぃだぁ21さんへ
オーラなんてもんは出てませんが、
(たまに、脅しオーラは出ているとの意見はあり。爆)
私の周りには素敵な人がいっぱいいるのです。
もう、それだけで幸せなのです。

読みボラの中では、
わたくし、経験1年未満の新人さんなので、
いつもの調子(え?どんな調子?笑)でいくのを
自粛していたのですが、
またやってしまいましたか…。

私は楽しい。
巻き込まれた周りも楽しいと思ってくれていたらいいのだけれど。
暴走しないようがんばります(^_−)〜☆
きなり*
2012/05/31 22:30
あははは!きなり*さんが、仕込みのように見えて、実は、先生が本の話をふるように、きなり*さんの仕込みだったのでは?と、思われたりして^m^

すっごく、ワクワクが伝わってきます。
本の管理は、重大責任ですが、
面白そうな本が、身近にあるのは、ほんとに子ども達にとって、幸せなことですね。
応援しています!

で、↑市のなんちゃら課の方のメール、
用件は、無事済んだのでしょうか?
5月10日て、放置プレイか。
クー
2012/05/31 23:16
クーさんへ
そうか!そうなのかっ!
先生が仕込みだったのね、
だから、
「こんな感じでいいですか?」って
アイコンタクトを〜〜〜

って、こんなおもしろいこと書いたら、
当日その場に居合わせた看板娘さんが
くいついてくるからやめて。爆

なんちゃら課のメールね、
返信せんでも、今日ゆうゆうで会ったわ。
同じ課の別の担当者から返信きていて、
済んでた件だったけど、
私が宛名にした担当者が、
自分のPCのメールを
未開封のまま置いていて、
それに気づいて焦ったらしいです。

実は市のサークル担当課が4月から
行政の変成で新しく出来た課に変更になりまして、
担当者が3名に増え、連絡はつきやすくなったものの、
再編成直後で、それぞれの連携もできておらず、
まだまだこんな風にバタバタしています。

先輩メンバーからは、
行政はこんなもんやから、
いちいちイラっとすんな。
こんなもんだと思ってゆる〜く行けとの
忠告がぁ〜
必要なのは忍耐力?
きなり*
2012/06/01 23:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そしてまた、1歩踏み出す 双子ときなり*のおきにいり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる